Re:Sound

Written by Re:ON.

いつかボカロやる

プロフィール

Re:ON

Author:Re:ON
mixi
mylist

 * * *

手探りでDTMやプログラミングをがんばってる大学生です。


検索フォーム

Copyright 2017 Re:Sound all rights reserved.

Designed by from fm in blog.

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

 

--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09
21

憲法第9条

  • Category [日常]
  • Comment [1]
  • Trackback [0]

平和主義。

今日の政経の授業で出てきました。
内容は、戦争を放棄し、軍事力を持たないとかなんとか…。


軍事力を持たないのに自衛隊がいる、という点に矛盾があると議論されてるみたいだけど、

では、なぜ自衛隊はいるのか?



日本語の矛盾上、軍事力を持つ持たないは置いといて、
その機能に着目して考えると、

日本は攻撃を仕掛けられたらそれに応戦する準備が整っている
→つまり戦争に発展する可能性がある

ということが問題だと思う。



しかし、僕は今日の授業であることを聞いて、もっと別の狙いがあるんじゃないかと思った。


それは、世界における軍事力の強い国ランキング(核を除く)。
日本はそれが3~5位くらいで、いくら防御のための軍と言っても世界では恐れられているらしい。

つまり、
『日本軍はかなり強いから、ヘタに戦争をしかけても返り討ちにされる』
というレッテルが、日本を守っているんじゃないかと思った。


もし仮に自衛隊がなくなれば、
他国は日本を占領しようと攻めてくるかもしれない。

しかし、それを守るためではなく、そうさせないために軍はあるんだと思った。


そう考えると自衛隊の存在は心強かったりするかも。(授業では何も考えずに自衛隊の存在に反対したけど)


正直、日本語の矛盾だけで憲法第9条改正だとか騒ぐのはアホらしい、なんて思いました。すみません。

Comment

  • 聖治 [ URL Mail ]
  • 2010/09/21(Tue) 21:55

自衛隊にお金をかけすぎてるから、今の時代社会の問題にお金をかけるべきだと思ったり。

あと先生の話したかったのは
いつか日本に「絶対平和」か「軍隊承認」かの選択を迫られる時がくるから考えようね
ってことだと^^

ちょっと熱くなりすぎてて精神的に疲れる授業だったけどね・・・


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。