Re:Sound

Written by Re:ON.

いつかボカロやる

プロフィール

Re:ON

Author:Re:ON
mixi
mylist

 * * *

手探りでDTMやプログラミングをがんばってる大学生です。


検索フォーム

Copyright 2017 Re:Sound all rights reserved.

Designed by from fm in blog.

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

 

--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09
22

ギャンブル人生

  • Category [雑記]
  • Comment [1]
  • Trackback [0]

前日記の続き。

楽と苦の割合って、1:1だと思うの。
100の楽があるなら、100の苦もあるということ。

しかしそれは個人単位の話ではなく、前人類の総和だと思うの。


どういうことかというと、

Aさんが人生で-30、-30、+60という数値の苦や楽を感じる

ではなく

Aさんが-70、+30の時、Aさん以外の人の和が-30、+70になっているということ。

その全ての和が1:1になっているということ。


要するに、人は平等に楽や苦を得られない。
苦が多い人がいる反面、楽が多い人もいるわけ。

資本主義だから格差が生じるのは仕方ないかもしれないけど、多少の運も混じってくるわけで。

だから、ギャンブルと何ら変わらない。
人生はギャンブル。


しかし、その格差を減らす方法がある。
それは、勝者(楽が多い人)が敗者(苦が多い人)を気遣うこと。

つまり、僕が普通の生活をおくれてるのはホームレスのような人のおかげでもある。
だからホームレスをバカにしてはいけない。

勝者はさ、敗者の気持ちがわからない。だから富豪とかセレブはバカみたいに金を無駄遣いするじゃん?

そこでその金をホームレスの支援に使えば、少しは平等になる。
でも平等になるということは勝者からすれば損だから、そんなことできる人は数少ない。


つまり、自分の多少の損を見逃すことが世界の平等に繋がるんじゃないかなー。

一応、その平等化を制度化したものが生活支援の制度とかだと思うけど。
まだまだ格差は人を壊し続ける……。


みんなが楽をする。
そんなのは普通の精神じゃ無理。
いくら努力したって、運に見放されて苦しむ可能性もある。

だから、人生はギャンブル。

Comment

  • - [ URL Mail ]
  • 2010/09/22(Wed) 23:13

>>苦が多い人がいる反面、楽が多い人もいるわけ

これは違うと思う。
苦が多い人は自分で苦をつくってないから苦しい人生を歩むことになってる人。
楽が多い人は以前もしくは今後苦を自分でつくって人生を歩んだ、もしくは歩む人。

そこそこの幸せを得るためにはそこそこの努力では成し得ない。
そこそこの幸せを得るためには相当の努力を必要とする。
相当の幸せを得るためには並大抵の苦しみを味あわなければたどり着けない境地。





ギャンブルではなく、偶然にみえる必然ですょ。


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。